樹木葬が選ばれる理由

新しい埋葬の形として人気のある「樹木葬」ですが、樹木葬が注目され、多くの方に選ばれるようになりました。

数年前までは、お墓がない、跡継ぎがいないなど、一定の理由の方が好まれる傾向にありましたが、最近では「お墓があっても樹木葬に変えたい」という方も増えています。
では、ここまで樹木葬が選ばれるようになった理由とは何でしょうか?

樹木葬の最大のメリットは「埋葬後の管理が不要」ということです。

墓地を購入したり、先祖代々伝わる地にお墓を建てて埋葬する方法は、その墓地を管理する必要があります。

一般的には、墓掃除やお墓にお花をお供えするなどの「墓守り」と言われる行為です。

この「墓守り」は、代々家を継ぐものの役目として継承されていましたが、近年の少子化、核家族化で、その流れは途絶えつつあります。

また、家を継ぐ人がいたとしても、お墓のある場所から離れて暮らしていたり、別の土地に墓地を購入したりと、先祖のお墓を管理することができないケースも多くあります。

そこで「お墓の管理不要」の樹木葬や永代供養墓が人気を集めているのです。

樹木葬は散骨とは異なり、法律で許可された場所に埋葬します。

ですから、埋葬する場所には、その場を管理する人がいることになります。

もちろん、これまでの墓苑にも管理者はいるのですが、これまでの形態は「墓苑は管理者が管理し、個人のお墓は個人が管理する」というものでした。

しかし、跡継ぎがいない、身内がいないなど個人で管理できない人が増え、お墓が荒れ果てて、墓苑管理者も頭を悩ませることが多くなりました。

そのような管理されることなく荒れたお墓を目にした人たちも「あのように荒れて行くのは困る・避けたい」と、自分たちのお墓の行く末を案じているのです。

その悩みを解決する方法が「永代供養」です。

これは後に後継者がいなくても代々のお墓を管理してもらう方法で、その一つの方法として注目されているのが、樹木葬です。

樹木葬では、後継者がいなくても、その場を再び訪れることができないとしても、管理を委託することができます。

「墓守りができなくて荒れてしまう」という心配がありません。

また樹木葬の場合は、決まった区画を契約してその場所に埋葬することが一般的ですが、墓石を建てるこれまでのお墓に比べて、価格が安いということも選ばれる理由です。

近年増えている樹木葬霊園の価格は、これまでの一般的な墓地を購入してお墓を建てる場合の半分から数分の一。

そして、一度購入すると、その後管理費などがかからないということも、選ぶ場合の大きなポイントになっています。

その他にも、自然に還りたい、冷たい石の下は嫌など、それぞれの思いはありますが、価格の面でも負担が少ない、後々の管理が必要ないので安心ということで、樹木葬が選ばれています。
参考:コスモガーデン倉敷(永代供養・改葬)日本終活サポート協会