引越しの時にする手続き

引越しの時にする手続きの一つに、転出届の申請があります。
ただ、その届は現住所と新しい住所が違う市長村の場合です。
同じ場合は、転居届の申請が必要です。

届け出るタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定次第すぐなど、市町村によって違いがありますので、早めに確認することをおすすめします。
住居を移転すると、電話番号が違うものになることが例外ではありません。
同一市区町村内の引越しのと時でも、収容局が変更すると、本来の電話番号が使用不可能になるでしょう。
電話番号変更のメッセージを流すことも可能ですが、引っ越し先お住所と一緒に変更後の電話番号も必要なところには伝えておいた方がいいです。
住み替えをする際に、心に留めておかなければならない事が、種々の手続きです。
市町村の役所へ提出する手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も不可欠です。
とりわけガスは立ち会わなくてはいけないので、速やかに手配してください。
また、銀行の通帳や自動車運転免許証等の住所変更手続きもなるべく早く済ませておいた方がいいです。
引越し業者に依頼する場合、布団はどうしたらいいだろう?と考えている方も多いかもしれませんが、この場合、事前に確認することが大切です。
大体の場合、引越し屋は引越し当日、専用の布団袋を用意してくれ、これに入れて汚れがつかないように引越し先まで持って行ってくれます。
引っ越しの場合、ガスコンロには注意しなければなりません。
それは、他とは別で、ガスの元栓をストップしてからでないと動かせないからです。
それだけでなく、ホースや器具に微量のガスが残っていますので、喫煙しないのは勿論の事、部屋の換気をしっかりと行い、換気しておくことが好ましいです。
引越し先でも今までと変わらず同じ母子手帳を使用できます。
転出時に手続きは不要ですが、妊婦健診で使用する補助券などは自治体ごとに異なるので、転入先の役所で問い合わせましょう。
出産の後では、引越しの期日によって乳幼児健診のタイミングがそぐわない場合があるので、受け漏れがないように認識してください。
参考:引越し業者